健康診断の数値がやばい

50代女性です。40歳の頃から毎年主人と一緒に半日ドックを受けています。これまでの10年間、健康診断は受けるだけ、受けて正常なのを再確認すること、正常なのが当たり前との認識でしたので、結果を注意深く見ることもせずに、受けっぱなしの状態でした。

それというのも主人の会社の福利厚生制度でほとんど無料で受けられるものだから軽く考えていたのです。

ところが、50歳を過ぎると数値に変化が表れてきました。膵臓の数値が正常値の上限ギリギリ、腎臓もです。コレステロール値もギリギリになってきました。これが老化というものかと、あまりのわかりやすさに驚きました。

これからは食べたい物を食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲むような好き勝手なことをしていたらいけないのだということがわかり、食事の内容に気をつけたり、甘いお菓子を食べ過ぎない、お酒の量を控える、適度な運動を続けることに決めました。これは何もしなければ立派な成人病予備軍です。

食事の内容は野菜を多めに摂ることを意識的に行いました。
野菜を毎日というのはなかなか難しくメニューにも困ってきたので、
野菜は青汁で補うことにしました。これがあれば野菜を簡単に補うことができるのであまり野菜をどれだけ食べたかを気にならなくなり、楽になりました。
青汁はついでに肌荒れも整えてくれました!

軽い気持ちでただ受けるだけだった健康診断のおかげで、現在の身体の状態を知れたことには感謝しています。主人の会社に感謝です。私の場合、特に運動による効果が高いことがここ最近2年間の健康診断でわかったので、スポーツジム通いはやめられません。

コメントは停止中です。