肥満が原因で起こる病気

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。人間の体は加齢と共に筋肉や骨の量が少なくなり、体を支えづらくなっていきます。肥満になると、ただでさえ加齢で減っている骨や関節に重みがかかりやすくなり、関節の痛みへと発展します。転んだりして急に大きな負荷がかかることで骨折をしてしまうこともあるといいます。

肥満が原因でリスクが高くなる病気は数多くあります。睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝、すい炎、痛風などは、比較的よく知られているものです。子宮がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんなど、体の各部分にできるがんは、肥満が原因になっているともされています。肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。幾つかの症状が複合して起きる、メタボリックシンドロームなども関わりがあります。動脈硬化リスクが高くなるので、生活習慣病は早めに対策すべきですが、そのためには肥満対策が必要です。結果として心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気へと発展してしまうことがあるので要注意です。欧米人に比較すると、日本人は肥満が原因の生活習慣病にかかりやすいと言われています。インスリンを分泌する量が、もともと少ないためです。生活習慣病を起点して起きる重篤な症状を未然に防ぐためにも、肥満の原因は取り除くようにしましょう。

痩せたい 動きたくない

コメントは停止中です。