酵素の種類

酵素にはいくつかの種類があります。人の体の中で活用されている酵素は大きく分けると消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素というのは食べ物を食べた後、分解・吸収するために使われる酵素になります。

唾液に含まれている糖質分解酵素のアミラーゼや、膵臓や胆汁などに含まれているタンパク質分解酵素のプロテアーゼ、さらに脂質分解酵素のリパーゼなどがあります。これらの消化酵素は食物などにも多く含まれており、生の状態で食べることで人の体から分泌される酵素と共に働くことが出来ます。そのため、酵素ドリンクや酵素サプリメントなどで取り入れることが出来る酵素は、この食べ物を分解・消化するために使われるということになります。

一方で、腸で吸収された栄養素が体の中でエネルギーとして使われたり、血液や筋肉となるための手伝いをするのが代謝酵素になります。この代謝酵素は人の体の中で作り出した酵素で、食べ物から取り入れることはできません。酵素が働くためには補酵素と呼ばれている栄養素が必要になるため、単純に酵素だけを取り入れるだけでは代謝を上げていくことはできません。

消化に使う酵素を食べ物の酵素で補うことで、代謝に回す酵素が増える仕組みになっています。

コメントは停止中です。